1. HOME>
  2. 調剤薬局について

調剤薬局について


● 調剤位薬局の由来
● 薬剤師が1日に処理できる処方箋の枚数

薬剤師は6年制の大学を卒業することで受験することが出来る国家試験を突破して初めて名乗ることが許される医療専門職の一つです。 医療専門職でありながらその就職先は非常に多岐にわたるのが特徴です。例えば研究職を志望する薬剤師は製薬会社などに努めることでその夢をかなえることが出来ます。 しかし製薬会社は数が限られていますし、そこでの研究職のポストは非常に狭き門です。そのため誰にでも得られる職業ではないのです。

薬局

他にも日常生活の強い味方である各種ドラッグストアーにも大勢の薬剤師が常駐しています。現在の法律では薬剤師が在籍していないと販売することが出来ない薬というものがいくつもあるのです。 現在の登録販売者制度が出来る少し前までは薬剤師がいないのであればドラッグストアーは営業することが出来ないという制約もあったのです。そのため薬剤師の活躍の場は非常に沢山ありました。 登録販売者制度が出来た現在でも薬剤師の存在感は他のスタッフには変わることのできないものです。そのため現在も多くの需要があります。

この様に様々な選択肢があるのが薬剤師という職業の特徴ですが、やはりメインとなる職場は病院等の医療機関です。 常勤医師が3人以上在籍しているような中規模以上の病院の場合には薬剤管理をする薬剤師の雇用を義務付けていますが、常勤医師が1,2名の開業医のクリニックなどでは病院の外に調剤薬局を設立して、 薬剤師をその調剤薬局に在籍させるという手法を採用していることが多くなっています。この調剤薬局というのは提携の病院から発行された処方箋に基づいて薬剤を出してくれる仕組みになっている場合が殆どです。

そのため小規模な病院やクリニックでは医療に必要な医薬品納入先は調剤薬局になっている場合が良くあります。組織上は別組織として並んでいるクリニックと調剤薬局ですが、 経営的には同一組織であることが殆どなのです。医薬品納入先として調剤薬局が選ばれるのには、その方が経営的に有利であるという事情があるからです。 結局のところ医療機関は全て診療報酬の点数という大きな力の影響を受けながら働いていくしかないのです。 医薬品納入先である調剤薬局には薬剤師が常駐しているのが基本です。基本的な業務は系列の病院やクリニックから発行された処方箋に基づいて薬剤を出すことです。 それ以外には効率の良いクリニックの経営をサポートするという役割を担うことになります。